ピアノ教室

導入にはバスティンメソッドでグループと個人レッスンをとりまぜた楽しいレッスンをしています。1998年、2000年にアメリカサンディエゴのジェーン・バスティン先生の元へ研修へ。

個人個人の希望によりピティナをはじめとするコンクールなど利用。個人レッスンとグループレッスンで基礎力をつけながら、生の楽器とのアンサンブル等も行なっています。

1998年から少年少女みなみを主催。バレエや歌のレッスンを週に1度ずつ行っています。

毎年オーケストラや弦楽器等との共演もしています。ソルフェージュ、聴音、歌の先生を外部から招きお勉強会もしています。

毎週金曜日は 踊りと歌の指導もしております。年に数回、外国よりマスタークラスの先生を招いています。国際交流も楽しい教室です。国内外での音楽研修もあります。

ジャンル
クラシック
指導対象年齢
3歳〜
指導対象レベル
初級、中級、上級、受験生 
対応可能なレッスン目的

初級・中級・上級・コンクール対策、生徒同士の交流、

音高・音大受験対策、ピアノ指導者養成・演奏家養成

ピアノ実技以外の指導科目
ソルフェージュ、音楽理論、音楽史、室内楽
導入期の使用メソッド
バスティン、ツェルニー、バッハ、ソナチネ
ピアノ設備
【グランド】ヤマハC3、G2
入会金
5,000円
年会費
10,000円
レッスン料金
個人レッスン=10,000円(月3回)
レッスン時間
平日20時まで
体験レッスン
あり
マスタークラス
随時開催

久保山千可子プロフィール

第1の音楽人生

23歳当時の久保山千可子
23歳当時の久保山千可子

札幌出身の父と函館出身の母との間に、札幌市で生まれる。父の仕事の都合で、東京へ移り住み、東京都杉並区に育つ。都立石神井高等学校を経て、国立音楽大学 器楽学科 ピアノ専攻卒業。1987年ザルツブルグのモーツアルテウム音楽院にてサマーセミナーへ参加。クロードエルフェ氏に師事。1988年ニューシティーフィル管弦楽団と「ピアノ協奏曲の夕べ」にて、モーッアルトのピアノ協奏曲を共演のほか、演奏活動を開始する。幼少期の宇津木敦子氏に師事を経て、三木真弓、篠井寧子、宮坂知子 各氏に師事。

第2の音楽人生〜娘・息子・生徒たちと共に…

1995年より、福岡でピアノ教室を再開し、ル'セルクルミュージックを主宰。1998年、南区少年少女合唱団を受け継ぎ、「少年少女みなみ」と改名し、主催を始める。1998年・2000年 アメリカのサンディエゴのバスティンツアーに参加し、バスティンメソッドの勉強に力を注ぎ、西日本・九州を中心に各地でバスティンメソッドの講座を展開。

1998年 長女(6歳)の参加するPTNA主催の福田靖子氏率いるモスクワツアーに同行。グネーシン音楽学校、タチアナ・ゼリクマン女師のレッスンを受ける長女と共に学ぶ。モスクワ音楽院のラフマニノフホール、プーシキン美術館ホール、グネーシン音楽院講堂での日露交流コンサートに出演し、ラジオやテレビの取材を受ける長女に刺激を受ける。モスクワより帰国後、まもなく民族舞踊団の受け入れ(ホームステイ)を開始し、現在に至るまで15年以上、違う東ヨーロッパの民族舞踊団のメンバーと交流。また、長女が3歳からはじめた石田絵理子バレエスクールの影響も多いに受ける。1998年長女、2000年長男の受けた鳥栖ピアノコンクールでの第1位のご褒美に、受賞者コンサートでピアノコンチェルトを披露する運びとなり、自身の子どもの初ピアノコンチェルトを体験する。

2001年長女がスロヴァキアのブラチスラバにて行われたフンメル国際ピアノコンクール ジュニア部門に参加のため同行。ジュニアカテゴリⅡ最優秀賞及び最年少優秀賞を受賞。2002年PTNAピアノコンペティション デュオ、初級A部門において兄弟で全国最高位を受賞。2002年よりシュロスの会に所属し、ポーランドのオーケストラと子ども達によるピアノコンチェルト体験のお手伝いをし、現在も継続している。2004年ドイツ デュッセルドルフ マスタープレイヤーズ ピアノコンクールにおいて長女 第1位、長男 第2位を受賞。パリにおいて、若い芽の為のスタインウェイピアノコンクールにおいて、ジュニアカテゴリーⅡ部門で長女 満場一致の1位受賞。この2つのコンクールのため、ドイツ・フランスへ同行する。

 

2005年ポーランドで開催されたショパン国際ピアノコンクールを見学するため、ポーランドツアーを実施。自身のピアノ教室から数名の参加者と共に、クラコフ市において長女・長男・生徒数名がクラコフフィルハーモニーホールにて、クラコフオーケストラと「ピアノコンチェルトの夕べ」に出演。同市において、エリザベス・ステファンスカ先生のチェンバロレッスンを受講。ワルシャワにて、ブラニスラバ・カバラ先生のレッスンを受講。この他、コンサート出演・スクール見学・レッスン受講の他、ベルリン・プラハ・パリを観光。2006年ソウルにて、韓国サマーアカデミー・アカデミーコンクールに教室より長女・生徒達が参加。同年、長女 PTNAピアノコンペティションF級金賞受賞、ならびに読売新聞社賞、洗足学園前田賞受賞。2008年 長女 桐朋女子高等学校音楽科へ入学。秋に単身でベルリン スタインウェイ国際ピアノコンクールを受け、第2位及び聴衆賞、並びにコンサート賞を受賞し、翌年ベルリンにおいてコンサートに出演する。2009年2月に最愛の父が亡くなる。同年3月、長女 浜松アカデミーに参加。2009年、長女の念願だった「福田靖子賞選考会」にエントリーし、奨励賞を受賞し、ニューヨークでコンサートに出演するため同行。アメリカン・ストリング・カルテットとシューマンピアノ五重奏を共演、他邦人曲の披露やソロ演奏を行う。

 

長女の久保山菜摘は音楽家として活動中
長女の久保山菜摘は音楽家として活動中

娘が2001年より始めたチャリティーコンサートやボランティア活動により、2009年に2008-2009年国際ソロプチミスト福岡 ヴァイオレットリチャードソン賞を受賞。これを機に親子共々チャリティー活動に力を入れ、ル'セルクルミュージックはコンサートの企画をする様になる。2012年、初の「スポーツ&ミュージック」を企画し、東北大震災支援のため「サッカー&ミュージック 日本ガンバレ!~あれから1年・・・僕達も応援します~チャリティーイベント」を主催。筑陽学園サッカー部3年生をゲストに迎える。同年夏、長女・菜摘が秩父国際音楽祭へ参加するため同行。現在長女は、桐朋学園大学ピアノ科を卒業し、音楽家として活動中。(二宮裕子・練木繁夫門下)

長男・衆斗はプロサッカー選手として活躍中
長男・衆斗はプロサッカー選手として活躍中

長男・衆斗は、中高一貫筑陽学園サッカー部、茨城県龍ヶ崎市にある流通経済大学サッカー部を経て、現在オーストラリアブリスベンにてサッカー選手として活動中。 

教室へのアクセス

教室所在地:福岡市南区大橋

最寄線/最寄駅:西鉄大牟田線大橋駅より徒歩8分